SUPステップアップレッスン

Posted on

2016.06.27
朝の白里。

潮が上げすぎている時間帯は波が割れづらいコンディション。

でも風が弱いのでアウトサイドをクルズしたりするには最高でしたね。
20160627-0Y9A2608 20160627-0Y9A2614
たまに来るセットで腰サイズ。
ビジターさんが楽しそうにライディングしていました。

午前中はカイトサーフィンスクール、午後からSUPステップアップレッスンでした。
20160627-0Y9A2625
スクール生のMさんはTED CUPなどにも出てくれているベテラン、ただほとんど人に教えてもらったことがなく今まで来てしまったということで今回はボードの上でのスタンス、パドル、そして波へのアプローチの仕方など細かくレッスンさせていただきました。

最初はテイクオフ時にスタンスが広すぎてしまい前足の加重がどうしても弱くなりテイクオフが遅れがちになってしまい、ボトムに一気に落ちてしまいそこから横に滑ろうとするともう前が崩れてしまい…というライディング。
波が良かったりすればそれでも大丈夫なのですが今日のコンディションのように波の小さいコンディションだと楽しめなくなってしまいます。

なのでこの日は前足への加重をしっかりとうねりに引っ掛けたらすぐにレイル加重を与えて波のハイラインを走るということに意識をしてもいました。

陸、そして海の上でアドバイスを伝え続けていると…..
20160627-0Y9A2620

20160627-0Y9A2631 20160627-0Y9A2633
レッスン前はボトムに降り切ってからのライディングでしたが修正後はこのシークエンスのようにテイクオフしてすぐにいいラインで走ることができるようになっていました。

波のいいところを走れるようになったのでボードスピードが今まで以上に出るようになり、今まで止まっていた波の深いポジションでも止まらなくなりました。
20160627-0Y9A2667

20160627-0Y9A267520160627-0Y9A2676
トップターンでの体の返しに注意していけばさらにライディングにメリハリがついてきますね。
20160627-0Y9A2722 20160627-0Y9A2724
このトップターンからのリエントリーは見事でした。

僕がいろいろな人のライディングを見て感じることはみんな上手い人のライディングイメージがが先行して深いターンをしようとしすぎてしまっているということ。
もちろん、僕自身も深く深くを意識していますが深くいくにはそれまでのプロセスがとても大切なんですよね。

深いボトムターンは憧れですが深く入るにはどれだけそれまでにスピードがついているか、そのスピードをつけるためにもより波のいいラインを走ることに意識付けしていくことが大切なことだと思います。

Sunset time SUP session@Kujukuri #naishsup #SUP #patagonia #tedsurf #九十九里 #千葉

Jun Adegawaさん(@junadegawa)が投稿した動画 –

この動画でも最終的には深いボトムターンをしていますがその前に一度高いポジションをキープしてからターンに入っているのがわかりますよね。

この日のスクール生のMさんには他にもいろいろアドバイスさせていただきました。
内容はここではお伝えすることはできませんが….笑

20160627-0Y9A2695
OKM先生は今日もお気に入りのLairdで楽しそうにグライドしていました。
20160627-0Y9A2685
本来SUPってこうしてゆっくりグライドを楽しむスタイルだったんですよね、僕自身短いボードに乗りすぎているとこんな楽しさを忘れてしまいがちになりますがこうした長いボードに乗ることでレイルワーク、テイルコントロールなどサーフィンの基礎をまた一度思い返すことができます。

波が小さくなるこれからの季節、自分のライディングを見つめ直すつもりで長いボードで基本からやり直すもいいですよ。

20160627-0Y9A2733
お昼から夕方までみっちりレッスン、Mさま受講していただきありがとうございました。


  • Share