404&Kazuma 試乗会

Posted on

2018.03.26
朝の白里ビーチ。
波は昨日よりサイズダウン、アウトサイドではOniimanさんがレースボードでトレーニング。

ほとんどパドルスキルは教えていないのですがしっかり水をキャッチしてパドルしているのはさすがでした。
本気になってSUPでのパドルトレーニングをしたら危険な人物です笑


砂浜ではマニューバーラインの大石さんが朝はやくから404SUPとKazuma SUPのボードをずらりとならべ一本一本、フィンをセッティング。
ありがとうございました。


ロングボードタイプのボードからテストライドするBanchan



続々とメンバーさんが集合してたくさん並んでいたボードがどんどん海へ。

波は早めのブレイクで抜けるのが難しい….


今日SUPサーフスクールを受ける予定でしたが波のコンディションが今日一つなので自主練dayとなったSawaさん。
またのお越しお待ちしております。

Masumotosan


Bacnchan

Mさんは404のALTがすごく乗りやすいと絶賛していました。

黙々と開いたいい波を見つけるとリッピングを続けていたSamuraiヒラノ。

Samuraiヒラノ

Masumotosan

フォイルチームはアウトサイドのブレイクを待っていましたが一時間に数本な感じ。
その貴重なフォイル波をテイクオフしていたNGYマン。


かなりのロングライドをメイクしていて遠くから見ても本人もびっくりな感じでした笑
これは気持ちよさそうでした。


Kazuma SUP fuguをテストライドするKimizukasan。
正直何を乗らしてもうまいライダーなのですが一人際立つライディングでした。

FJIさん

Banchanは404のロングボードタイプのSUPで。
このボードはみんな相当気になってしまったようで9というサイズ、無理のないアウトライン、そして癖のない乗り味とおじさんSUPサーファーの心を虜にしていました。


Okasan

NGYマン同様貴重なアウトサイドのフォイル波をキャッチして永遠ロングライドしてきたマッチャン。

以前のKAIフォイルだとこのようにフォイルが海面から出てしまいそうな皮一枚になるとそのまま飛び出てしまいますがIWAフォイルだとそれがなくここから水をホールドしてくれます。

恐るべしIWAフォイル。

誰よりも404のロングボードタイプのSUPを気に入ってしまいお買い上げしていただくことになったBig Hirano。
ずっと欲しかったサイズ、痒いところに手が届いたしまった感じですね笑

TED SURFのメンバ−さんのハートをわしづかみにしてしまった404のサーフSUPのラインナップは下記の通りです。

404 ALT Performance Surf Series
7`6X27X4.2  /85L /ボード重量6.8kg
8’0”X28X4.5  /99L /ボード重量6.8kg
8’6”X30”X4.2” / 130 L /ボード重量6.8kg
404 Empire Performance Surf Series
9’0”X28”X4.2” /104 L /ボード重量6.8kg
10’0”X29”X 4.5” /138L /ボード重量 7.2kg


404 Shortcut Performance Surf Series
7’4”X25”X4.2” /70 L /ボード重量6.8kg
7’10”X27”X4.5”/88L /ボード重量6.8kg
8’4”X29”X4.2” /110L /ボード重量6.8kg

工場はTED SURFでも同じみのJimmy Lewisと同じKinetic社の工場でそのクオリティに間違いがなく、耐久性も問題なく軽量です。

久しぶりに登場のYさん。
この後ショップストックで置いてあったNaish Nalu10 carbonに一目惚れオーダーいただきました。
いつもありがとうございます。

レンタルメンバーのSZKさん
チームライダーのアサヒが一人ギアが一段違うライディング。


試乗していたBanchanの自分のNaish Hokua 7X23でライディング。

Banchan




Chizuchan

SOS Custom / Tiger model

午前中の間は風の影響もないコンディションの中での試乗会を行うことができました。

試乗してくれたメンバーの皆様ありがとうございました。

 

 


  • Share